リハビリ学生の実習睡眠時間を7時間にするブログ

リハビリの実習は辛い。だからこそ楽しい実習に世界を変えたい、学生のためのブログです。

脳卒中の歩行  倒立振子モデル

こんにちは(๑╹ω╹๑ )

総合病院勤務の理学療法士のSunaです

www.youtube.com

膝折れは関節モーメントで解決! - YouTube

 

 

今日は脳卒中の歩行の中でも

倒立振子モデルについて解説していきますので!

 

 

1、倒立振子モデル

 

f:id:m07v-sk160:20190308103901p:plain



 

 

 

こちらの図のように歩行の重心移動は

 

踵接地~立脚中期にかけて重心の上昇、速度の減少

立脚中期~踵離地にかけて重心の下降、速度の上昇

 

 

が生じます

 

 

このような重心の運動を図のように振子を逆にした状態の

運動に似ていることから倒立振子モデルと言われます

 

 

臨床でのポイントとしては

 

歩行速度を上げたい場合、、、

 

歩行速度は

立脚中期~踵離地にかけて重心の下降、速度の上昇が見られるので

 

歩幅を拡大することで

1、立脚中期~踵離地にかけて重心の下降が大きくなる

2、重心の下降が大きくなると速度が上昇する

 

このためバイオメカニクスを考慮すると

歩幅を博大することが患者さんの歩行速度を簡単にあげる方法になるので

みなさんもよかったらやってみてください。

 

 

最後まで呼んでくれてありがとうございました(๑╹ω╹๑ )

 

 

 

このバイオメカニクス的な視点は

こちらの本で勉強しいていますのでよかったらみなさんも

みて見てください

 

 

 

 

 

www.youtube.com

膝折れは関節モーメントで解決! - YouTube

 

Youtubeチャンネルで動画での解説もしているので

そちらの方もよろしくお願いします