リハビリ学生の実習睡眠時間を7時間にするブログ

リハビリの実習は辛い。だからこそ楽しい実習に世界を変えたい、学生のためのブログです。

内反尖足は理学療法士が作っているかも!

こんにちは

総合病院勤務の理学療法士のsunaです(๑╹ω╹๑ )

 

f:id:m07v-sk160:20190223200003j:image衝撃の真実 内反尖足は理学療法士が作ってた!? - YouTube

 

 

内反尖足って

実は理学療法士が作っている場合があると言う真実を皆さんを知っていますか?

 

 

 

 


僕は正直本を読んで勉強するまで知らなかったです

 


もちろん学校や実習でこのようなことを教えてくれるところというのはすごく稀で珍しいと思います

 

 

 

ではなんで理学療法士がその現象を作り上げてしまうのでしょうか?

 

 

 

 


それはリハビリの内容によるんです

例えば脳卒中の患者さんの足首を大した考えもなく固定してしまうこれも原因の1つです

 

 

 

 


ではなんで足首を固定すれば患者さんの内反尖足をつくってしまうのか?

 


今日はそのことについて動画で解説していこうと思いますよろしくお願いします

 

f:id:m07v-sk160:20190223200003j:image

衝撃の真実 内反尖足は理学療法士が作ってた!? - YouTube
最後まで呼んでくれてありがとうございました(๑╹ω╹๑ )

Youtubeチャンネルで動画での解説もしている

のでそちらの方もよろしくお願いします