リハビリ学生の実習睡眠時間を7時間にするブログ

リハビリの実習は辛い。だからこそ楽しい実習に世界を変えたい、学生のためのブログです。

パーキンソン病と自転車の関係性!

こんにちは

総合病院勤務の理学療法士のsunaです(๑╹ω╹๑ )

f:id:m07v-sk160:20190110182440j:image

パーキンソン病は自転車でトレーニング? - YouTube

 


自転車とパーキンソン病この2つはあんまり関係のないように聞こえると思いますが実はすごく関係があるんです

 

 

 

例えばパーキンソン病のすくみ足が出ている患者様自転車は乗れるでしょうか?

 

 

 

 


答えは乗れるんです

なぜ乗れるのでしょうか?

 

 

 

 


それはパーキンソン病の患者様にとって歩くと言う行動より自転車に乗ると言う行動の方が脳の認知の負荷量が少ないからです!

 

 

 

 


パーキンソン病のすくみ足と言うのは脳の認知機能の負荷量によって症状が出ることがほぼほぼです

 

 

 

 

 

 

 


自転車の場合は米は足が勝手に動いてくれますよね!

そして勝手に進んでくれますよね!

 

 

 

 


そうなんです!

歩く時と比べて認知的な負荷量はすごく少ないんです

 

 

 

ではそのメカニズムを加えて今夜は動画で解決していこうと思いますきょうも一緒によろしくお願いします( ^ω^ )

f:id:m07v-sk160:20190110182440j:image

パーキンソン病は自転車でトレーニング? - YouTube

 

最後まで呼んでくれてありがとうございました(๑╹ω╹๑ )

Youtubeチャンネルで動画での解説もしている

のでそちらの方もよろしくお願いします