リハビリ学生の実習睡眠時間を7時間にするブログ

リハビリの実習は辛い。だからこそ楽しい実習に世界を変えたい、学生のためのブログです。

尻もちは背骨で改善できます(๑╹ω╹๑ )

こんにちは

総合病院勤務の理学療法士sunaです(ω╹๑ )

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

高齢者の圧迫骨折の原因の1つでよくあるのが

 

 

 

 

 

座るときに尻もちをついてしまう

 

 

 

 

 

 

ですよね(๑╹ω╹๑ )

 

 

 

 

 

 

 

実習や病院の臨床でも

患者さんが勢いよく座ることに対して

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リハビリで介入することがあります

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そのときに学生や新人の頃は

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大腿四頭筋の筋力が低下しているから

大臀筋の筋力が低下しているから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

筋力トレーニングをやってみよう(๑╹ω╹๑ )

 

 

 

 

 

 

 

これでは座るときの尻もちはなかなか改善しません

 

 

 

なんでか?

 

 

 

 

それは、、、

 

 

 

 

 

 

足腰の筋力が低下していることだけが原因じゃないからです

 

 

 

 

 

 

 

意外なところにも

原因は潜んでいます

 

 

 

 

 

 

 

 

その中の1つが

背骨なんです(๑╹ω╹๑ )

 

 

 

 

 

なんで背骨が原因で尻もちがつくの?

 

 

 

 

 

一緒に今日も勉強しましょう(๑╹ω╹๑ )

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

最後まで呼んでくれてありがとうございました(ω╹๑ )

 

 

 

Youtubeチャンネルで動画での解説もしているので

そちらの方もよろしくお願いします