リハビリ学生の実習睡眠時間を7時間にするブログ

リハビリの実習は辛い。だからこそ楽しい実習に世界を変えたい、学生のためのブログです。

長下肢装具ってなんのために使うの?

こんにちは( ^ω^ )

 

 

総合病院勤務の理学療法士のすなです!

 

 

 

 

脳卒中運動療法って難しいですね(´ω`)

脳画像の理解だけで頭がいっぱいなのに、、、

 

 

 

 

運動療法もただ筋トレしていても

患者さんが歩けるようには

ならないですよね(´ω`)

 

 

 

 

 

そこで

装具を利用しながら運動療法をやることが

大切なんですよってことを書いていきますね!

 

 

 

 

最近の記事はこんな感じです( ^ω^ )

 

m07v-sk160.hatenablog.com

 

 

 

 

今回のテーマは

長下肢装具です( ^ω^ )

イメージ.png

 

 

 

 

この装具ってなんのメリットがあるの?

 

 

 

 

 

そのシンプルな疑問について

解説していきますよ( ^ω^ )

 

 

 

 

 

 

昔は長下肢装具は

重い、装着がめんどくさい、

正常な歩行パターンが獲得できない

身体機能の回復を阻害する

 

 

 

 

 

 

 

みたいな感じて理学療法士からは

嫌われていました!

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、最近の研究では

 

 

足継手で油圧式の底屈制動を付けた

長下肢装具を利用した歩行訓練が

 

 

 

 

 

 

 

 

健常の歩行時の筋活動を誘発する

 

随意収縮より高い筋活動が発揮できる

 

 

 

 

 

 

などなどが報告されています(╹◡╹)

 

 

 

 

 

脳卒中患者で

下肢装具を歩行練習に取り入れる利点についてです

 

 

皆さんで一緒に復習していきましょう

 

 

 

 

 

 

脳卒中患者さんに長下肢装具を歩行訓練に取り入れる利点

 

1課題の難易度を調整できる

2運動学習として、転移性がある

3歩行練習量の増大に期待できる

4再現性がある歩行時の下肢筋活動の向上

5重度の麻痺患者では随意筋力より高い筋活動が発揮できる

 

 

 

 

次回からは

これらのメリットについて解説していきますよ( ^ω^ )

 

 

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました( ^ω^ )

 

 

 

m07v-sk160.hatenablog.com

 

 

興味のある方はこちらの記事もどうぞ。