リハビリ学生の実習睡眠時間を7時間にするブログ

リハビリの実習は辛い。だからこそ楽しい実習に世界を変えたい、学生のためのブログです。

残念、筋肉じゃなくて鼠径部の痛みは、、、

こんにちは( ^ω^ )

 

 

 

総合病院勤務の理学療法士のすなです!

 

 

 

 

 

梅雨が明けそうですね!

職場では久しぶりに症例検討をやってみます( ^ω^ )

 

 

 

 

 

 

新人だけにやらせるのはかわいそうですからな(;ω;)

 

 

 

 

今回は股関節の痛みについてです( ^ω^ )

 

 

 

前の記事では肩関節の痛みでの

神経の絞扼性障害について書きました!

興味のある方はこちらからどうぞ~~

 

 

m07v-sk160.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回は股関節の閉鎖神経です( ^ω^ )

 

画像で確認するとこんな感じですね!

 

 

 

イメージ.png

 

 

 

なぜに、閉鎖神経が痛みをだすの?

 

 

 

閉鎖神経は腰神経叢から分岐した後

 

 

 

 

大腰筋の背内側を下降し

前枝と後枝に分かれます!

 

 

 

 

 

 

なので、

大腰筋、内閉鎖筋、外閉鎖筋

の過緊張が生じることで

 

 

 

 

 

 

閉鎖神経の前枝、後枝が絞扼され

 

 

股関節の鼠径部に疼痛が生じます(;ω;)

 

 

 

 

 

ちなみに、、、

 

 

長内転筋、恥骨筋の深層にも

 

 

 

閉鎖神経の前枝が通過しているため

 

 

 

これらの筋の緊張が高くなっても

 

 

 

 

股関節の鼠径部に疼痛が生じるんです(;ω;)

 

 

 

 

 

 

なので、

 

股関節の鼠径部が痛い場合には

閉鎖神経の走行を頭に入れて

 

 

 

 

評価することでなんとかなることがあるので参考にしてみてくださいね( ^ω^ )

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます( ^ω^ )