リハビリ学生の実習睡眠時間を7時間にするブログ

リハビリの実習は辛い。だからこそ楽しい実習に世界を変えたい、学生のためのブログです。

肩関節はカフエクササイズだけじゃない

こんにちは( ^ω^ )

総合病院勤務の理学療法士のすなです!

 

 

前回から肩関節の痛みについて書いています!

 

前回は肩峰下滑液包について書きましたね(๑╹ω╹๑ )

 

 

 

 

 

肩甲下筋をさらっと復習

 

肩甲下筋についてです( ^ω^ )

肩甲下筋についてはこちらの図で確認しましょう!

 

 

 

イメージ.png

 

図のように

肩関節を内旋する作用があります。

 

 

この筋肉は肩関節屈曲、外転運動のときは

拮抗筋となります。

 

 

 

そのため、肩甲下筋の短縮は肩関節屈曲、外転の制限となることがあります。

 

 

 

 

肩甲下筋の短縮を疑う場合

 

1)肩甲胸郭関節の可動性が低下してる人

 

簡単に確認する方法は

肩甲骨の内側、下角から指を入れることができるかなどがポイントになります!

 

 

2)肩甲骨が外転している人、円背の人

 

 

これらが疑わしい患者さんのポイントです( ^ω^ )

 

 

 

 

とりあえず、カフエクササイズじゃなくて

 

肩関節屈曲、外転運動の拮抗筋である

肩甲下筋、広背筋、大円筋などにも目を向けてくださいな(笑)

 

これらの筋肉をあなたが持ってる手技で緩めてあげて下さいね( ^ω^ )

 

 

 

 

 

最後読んでいただきありがとうございまーす( ^ω^ )